ペレッテリアの特徴   3次曲面のふくらみ

2. 3次元曲面のふくらみを作り出す

 

 

内縫い (1)
「内縫い」によるふくらみ。

「内縫い」とは文字通りバッグの内側を縫って仕立てる製法です。
ステッチが外側に出ているものが「外縫い」という製法です。
ペレッテリアの曲面作りは、型等を使用したものではなく
パターンの工夫と仕立て方の工夫によって成り立っております。

 

内縫い (2)

右が外縫い仕立て、左が内縫い仕立てです。

3次曲面の醸し出すふっくらとした表情が特徴です。
曲面により陰影が強調され、バッグの表情が豊かになります。

 

 

内縫い (3)

立体的な曲面により、エレガントな女性らしさを演出します。
思わず手で触れたくなるような曲面作りを追い求めています。

 

内縫い (4) 

3次元曲面はデザイン面だけではなく、機能面でも効果があります。
写真のようにマチよりも外側に大きくふくらんだ分だけ
容積が増えますので収納量がアップします。

 

内縫い

ふくらみはスマートなマチのままでも収納量を稼げるので重量増はほんの僅か。
バッグの軽量化にとても有効な仕立て方法となっております。

 

内縫い (6)

ふくらみを潰してしまうと元に戻らないのでは?
そんな心配はご無用です。
潰れてもちゃんと元の形に戻るように仕立てております。

内縫い (5)

ぜひ一度実物をご覧ください。