裁断

裁断の前に、バッグ作りで基本中の基本となる包丁研ぎからスタートです。
  
 

数種類の砥石を使って研いでいきます。
どの砥石も凸凹がないよう常に平らにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

裁断には革包丁という刃物を使用します。
研ぎ面を平に研ぐことで、刃先が直線になります。
刃先が直線であることが大事なポイントとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

革の上に型紙を置いて裁断します。
寸分の狂いも許されない緊張する作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

裁断は常に伸びる方向、伸びない方向を確認しながら裁断します。
またバッグの表情を左右する部品などは、シワの出方を確認します。
繊維の方向によっては思った通りの表情が出せなくなるので、とても気を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての部品を一つも残さず裁断します。
一つでも部品が欠けていると、後に余計な作業時間がかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

革だけでなく芯材や裏地もすべて革包丁で裁断します。
革と同じ様に繊維の方向を見ながら切り出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

三角形の「アタリ」という切り込みを随所に入れます。
立体物を仕立てる上で、大事なポイントとなります。